近藤眼科
お問い合わせ先

抗VEGF療法

お問い合わせ先

抗VEGF療法Anti-VEGF therapy

新生血管の成長を促すVEGF(血管内皮増殖因子)という物質の働きを抑える「VEGF阻害薬」を眼球に注射することで新生血管を縮小させる治療法です。1回の治療は1分程度で終了しますが、繰り返し注射することが多いです。

抗VEGF療法の適応となる代表的な眼疾患

加齢黄斑変性症

加齢黄斑変性症とは、網膜の中心の黄斑部に加齢、喫煙、紫外線による酸化ストレス、偏食などによって異常な血管(新生血管)が生じ、出血や網膜剥離を起こす病気です。なお同疾患は、高齢者の失明原因の一つでもあります。

発症することで、視力低下、物が歪んで見える、視野の中心が見えないという症状が現れます。さらに病状が進行し、出血や血液の染み出しが増えるようになると、視力は著しく低下し、色の識別も困難になっていきます。

加齢黄斑変性症は、「滲出型」と「萎縮型」の2つのタイプに分類されます。滲出型とは、黄斑の脈絡膜(網膜より外側にある血管が豊富な膜)から網膜に向かって、新生血管が伸びてくるタイプです。新生血管はもろくて弱い血管なので、出血しやすく、血液中の水分が染み出るようになります。そのため新生血管の発生は、黄斑の視細胞を急速に損傷させ、黄斑の機能を著しく低下させるようになります。一方の萎縮型は、老化とともに網膜の細胞と脈絡膜がだんだんと死滅していくので、黄斑の機能は時間をかけて損なわれるようになります。萎縮型の治療法は、現時点では有効な方法が確立されていません。
なお滲出型と診断されると、速やかに治療が必要で、その治療法には、硝子体内注射(抗VEGF療法)、光線力学的療法(PDT)などがあります。

黄斑浮腫

黄斑浮腫を引き起こす主な病気には糖尿病網膜症、網膜静脈閉塞症があります。
糖尿病網膜症は単純網膜症、増殖前網膜症、増殖網膜症と進行しますが、糖尿病黄斑浮腫はいずれの病期においても合併することがあります。
網膜静脈閉塞症は網膜の静脈が詰まり静脈内の圧力が上昇し、網膜出血や血液中の水分が漏れ黄斑にむくみを起こします。
黄斑浮腫にはVEGFという物質が関与しておりVEGFが過剰に働くと血管から水分が漏れ黄斑浮腫を引き起こします。
そのためVEGF阻害薬を硝子体内に注射することでVEGFの働きを抑え黄斑のむくみを減らします。

病的近視

近視の中で、特に度数が強く眼軸長が長いものを強度近視といい、さらに眼底に異常が生じた状態を病的近視といいます。特に黄斑が後方に引っ張られることによって黄斑に出血を起こしたり、新生血管という病的な血管(脈絡膜新生血管)が発生して出血やむくみを起こすことがあります。脈絡膜新生血管の原因の一つにVEGFの関与があり、VEGF阻害薬を硝子体内に注射することで新生血管の成長を抑え、新生血管からの出血などを止めることによって網膜のむくみを減らします。

近藤眼科

院長
近藤尚明
所在地
〒633-0091
奈良県桜井市桜井40番地
電話番号
0744-42-2069
アクセス
近鉄大阪線・JR桜井線 桜井駅南口より
東へ徒歩約7分
診 療 時 間
8:30 ~ 12:00
14:00 ~ 18:30 手術

休診:日曜、祝日、第2金曜午後、第4金曜終日
◎ 第2・4金曜日の診療 (第2・第4土曜日前日の金曜が該当日)
第2金曜 :午前診のみ(8:30~12:00)
第4金曜 :終日休診
▲ 第4土曜 :休診

10月
27
診 療
28
診 療
29
診 療
30
診 療
1
診 療
2
午前診
3
休 診
4
診 療
5
午前診
6
診 療
7
診 療
8
午前診
9
午前診
10
休 診
11
診 療
12
午前診
13
診 療
14
診 療
15
診 療
16
午前診
17
休 診
18
診 療
19
午前診
20
診 療
21
診 療
22
休 診
23
休 診
24
休 診
25
診 療
26
午前診
27
診 療
28
診 療
29
診 療
30
午前診
31
休 診
11月
1
診 療
2
午前診
3
祝日
4
診 療
5
診 療
6
午前診
7
休 診
8
診 療
9
午前診
10
診 療
11
診 療
12
午前診
13
午前診
14
休 診
15
診 療
16
午前診
17
診 療
18
診 療
19
診 療
20
午前診
21
休 診
22
診 療
23
祝日
24
診 療
25
診 療
26
休 診
27
休 診
28
休 診
29
診 療
30
午前診
1
診 療
2
診 療
3
診 療
4
午前診
5
休 診
  • 診療日
  • 休診日
  • 午前診療のみ
  • 臨時休診
  • 午後4時まで
ページ
TOP