近藤眼科
お問い合わせ先

硝子体手術

お問い合わせ先

硝子体手術についてvitreous surgery

硝子体手術とは、顕微鏡を用いながら眼内を観察していき、出血などの原因によって硝子体が混濁することで様々な眼症状が出ている際の硝子体除去と網膜にできた増殖膜や網膜の穴(裂孔)などを治療するために行われる手術のことです。手術については日帰りで行われることも多くなりました。

硝子体(水晶体の奥にあるゼリー状の透明な組織)は構造上網膜と接しており、加齢等の原因によって収縮や変性(濁りなど)を起こし、その影響で接している網膜にも様々な症状がみられる状態を総称して網膜硝子体疾患と言います。同疾患には、網膜剥離、網膜裂孔、糖尿病網膜症、網膜静脈閉塞症、硝子体出血、黄斑上膜、黄斑円孔、黄斑浮腫などがあります。これらの治療法のひとつとして行われているのが硝子体手術です。

手術内容について

硝子体手術は局所麻酔下で行われることが大半です。痛みに過敏な方につきましては、手術時に麻酔を適宜追加することも可能です。以下、手術時の大まかな流れをご説明します。

1.白目部分に3ヵ所ほど小さな穴を開ける

手術に当たっては、白目部分に3ヵ所の穴(創口)を開けますが、これは硝子体を切除するカッター(硝子体カッター)、眼内を照らすためのライト、眼球の形態を保つための灌流液を入れるための管を入れるためのものです。

2. 濁った硝子体を切除し、膜を取り除く

出血などで濁った硝子体は硝子体カッターによって切除され、管より吸引されます。なお切除された分だけ眼内に灌流液・空気・ガス・シリコーンオイルなどが入り、それが硝子体に置き換わるようになります。その後は原因となった網膜硝子体疾患によって内容が異なります。例えば、網膜上に張った膜をピンセットのような器具で取る、増殖膜と呼ばれる分厚い膜をハサミで切り取る、網膜にレーザーを照射するなど必要に応じた処置が行われます。手術時間はその内容にもよりますが、1時間から2時間です。

近藤眼科

院長
近藤尚明
所在地
〒633-0091
奈良県桜井市桜井40番地
電話番号
0744-42-2069
アクセス
近鉄大阪線・JR桜井線 桜井駅南口より
東へ徒歩約7分
診 療 時 間
8:30 ~ 12:00
14:00 ~ 18:30 手術

休診:日曜、祝日、第2金曜午後、第4金曜終日
◎ 第2・4金曜日の診療 (第2・第4土曜日前日の金曜が該当日)
第2金曜 :午前診のみ(8:30~12:00)
第4金曜 :終日休診
▲ 第4土曜 :休診

10月
27
診 療
28
診 療
29
診 療
30
診 療
1
診 療
2
午前診
3
休 診
4
診 療
5
午前診
6
診 療
7
診 療
8
午前診
9
午前診
10
休 診
11
診 療
12
午前診
13
診 療
14
診 療
15
診 療
16
午前診
17
休 診
18
診 療
19
午前診
20
診 療
21
診 療
22
休 診
23
休 診
24
休 診
25
診 療
26
午前診
27
診 療
28
診 療
29
診 療
30
午前診
31
休 診
11月
1
診 療
2
午前診
3
祝日
4
診 療
5
診 療
6
午前診
7
休 診
8
診 療
9
午前診
10
診 療
11
診 療
12
午前診
13
午前診
14
休 診
15
診 療
16
午前診
17
診 療
18
診 療
19
診 療
20
午前診
21
休 診
22
診 療
23
祝日
24
診 療
25
診 療
26
休 診
27
休 診
28
休 診
29
診 療
30
午前診
1
診 療
2
診 療
3
診 療
4
午前診
5
休 診
  • 診療日
  • 休診日
  • 午前診療のみ
  • 臨時休診
  • 午後4時まで
ページ
TOP